台北のランドマークタワー「台北101」から徒歩数分に位置する「四四南村(スースーナンツン)」に家族四人で行って来ました。
台湾旅行4回目にして、初めて訪れました。というか、これまで存在を知りませんでした(汗)

戦後に中国大陸から渡ってきた軍人さんたちが暮らしていた村のごく一部が現在、観光地として保存されているとのことです。
日本でいう昭和な雰囲気です。建物自体は古いのですが、とてもきれいに改修されており、カラフルでおしゃれです。

そんなおしゃれ昭和な住宅と、近代的な台湾101をセットで写真に収められるので、最近は観光客に人気のようです。私も子供付きで何枚も撮影しました。建物の横に芝生の小さな丘があって、そこから撮るのもオススメです。
たまたまでしょうが、なぜかそこに軍人さんの格好したマッチョなお兄さんが数人いました。本物の軍人さん?元軍人さんの村だから仮装??なんだか芝生ではしゃぐ姿が面白かったです。

建物の中には飲食店とお土産屋さんがあります。とっても素敵な雑貨やお土産物がたくさんあって、子供もお買い物を楽しんでいました。
カフェではセットメニュー、単品メニュー、スイーツなどがあり、ほっこりする空間でおいしいランチをいただきました。見た目も凝っていて、写真をパチリ。

四四南村から台北101まで歩きましたが、小学生2人と一緒にのんびり歩いて10分弱でした。101が見えるので、地図無しで歩いても迷わずに辿り着けます。

都会の洗練された街並と、どこか懐かしさを感じる村を一度に味わえる、素敵なスポットでした。
外貨両替宅配